ルール情報 初心者向け

ポケカルール情報|特殊状態(状態異常)と回復の方法、有利な戦い方もご紹介!

ポケモンカードには、ポケモンのゲームソフトでも存在する状態異常と同じような「特殊状態」が存在します。今回は特殊状態になったポケモンに与える影響と回復の方法をご紹介します。



どく

ポケモンに与える影響

どくになったポケモンには「どくマーカー」をのせて、ポケモンチェックごとに、ダメカン(10ダメージ)をのせます。「どく」はほかの特殊状態と重なります。どくになってもワザや「にげる」は使えます。

回復方法

どくになっているポケモンは、進化、ベンチににげる、回復効果のあるワザや特性、トレーナーズカードの使用で特殊状態の回復ができます。

やけど

ポケモンに与える影響

やけどになったポケモンには、「やけどマーカー」をのせて、ポケモンチェックのごとに、ダメカン(20ダメージ)をのせます。やけどはほかの特殊状態と重なり、やけどになってもワザや「にげる」は使えます。

回復方法

やけどになったポケモンの持ち主は、ポケモンチェックでダメカンをのせた後コインを投げ、オモテなら特殊状態を回復します。ウラならやけどのままつづきます。また、どくと同じく進化かベンチににげる、回復効果のあるワザや特性、トレーナーズカードの使用でも回復ができます。

こんらん

こんらんになったポケモンは、カードをさかさ向きに置きます。こんらんのポケモンが使うワザを決めたら、持ち主はコインを投げて、オモテならそのワザを使えますが、ウラだとワザは失敗して使えず、ワザを使ったポケモン自身にダメカン(30ダメージ)をのせます。こんらんになっても「にげる」は使えます。「こんらん」は「どく」や「やけど」と重なりますが、「ねむり」や「マヒ」は新たに受けた特殊状態に上書きされます。

回復方法

こんらんはどく、やけどと同じく進化かベンチににげる、回復効果のあるワザや特性、トレーナーズカードの使用で回復できます。

マヒ

マヒになったポケモンはめじるしとしてカードを横向きに置きます。マヒになったあとの自分のターンではワザと「にげる」が使えなくなります。マヒはどく、やけどと重なりますが、ねむりとこんらんは新たに受けた特殊状態になり重なりません。

回復方法

マヒのポケモンはマヒになったあとの自分のターンが終わったあとのポケモンチェックで回復します。また回復効果のあるベンチにいるポケモンの特性やトレーナーズカードの使用でも回復できます。

ねむり

ねむりになったポケモンは、めじるしとしてカードを横向きに置き、ワザと「にげる」が使えなくなります。ねむりはどく、やけどと重なりますが、マヒとこんらんは、新たに受けたほうの特殊状態になります。

回復方法

ねむりのポケモンの持ち主は、ポケモンチェックでコインを投げ、オモテなら回復しますが、ウラなら「ねむり」は続きます。また他の特殊状態と同じく、回復効果のあるベンチにいるポケモンの特性や、トレーナーズカードの使用でも回復できます。

特殊状態を使って有利にバトル

ストリンダーV / VMAX

ストリンダーVのどくづきは相手のポケモンをどくにしつつダメージをあたえられます。またエレキライオットには相手のバトルポケモンがどくであれば合計180ダメージになります。ストリンダーVMAXに進化してだせるキョダイライオットは、相手のバトルポケモンがどくであれば合計240ダメージになる超強力なワザです。

ベトベトン&アローラベトベトンGX

ベトベトン&アローラベトベトンGXのバッドポイズンはエネルギーが合計3個必要ですが、このワザでどくになったポケモンが1度にのせるダメカンは8個になります。またどくしゃぶりは相手のバトルポケモンがどくであればこのポケモンのHPを100回復できるため、持久戦が有利になります。GXワザのベトベトミックスGXは相手のバトルポケモンをどくとマヒにできるほかに、このポケモンにエネルギーが4個ついていればのせるダメカンは15個になりかなりのダメージを与えられます。

ジラーチ

ジラーチの特性「ねがいぼし」はジラーチが場にいる時に自分の山札から5枚見て、その中からトレーナーズカードを1枚手札に加えられます。特性を使ったあとはねむりになってしまいますが、バトルの序盤に使うサーチ要因としておすすめです。

最後に

特殊状態には重なるものとそうでないものがあるので注意しましょう。またポケモンチェックは自分と相手のターンの終わりに必ずあるので忘れないように注意してください。

[itemlink post_id="116"]

-ルール情報, 初心者向け

© 2021 きりまのポケモン ポケカ速報