ルール情報 初心者向け

ポケカルール情報|特殊状態(状態異常)「マヒ」の効果や使い方をご紹介!

ポケカキッズ注目の人気商品!

今回はポケモンカードの基礎である特殊状態(状態異常)の中から「マヒ」の効果や回復方法、おすすめの戦い方をご紹介します。



効果

「マヒ」になったポケモンは、めじるしとしてカードを横向きに置き、そのあとの自分の番、ワザと「にげる」が使えなくなります。

回復方法

カードの効果

「マヒ」は特殊状態を回復するカードの効果で回復できます。

ポケモンチェック

「マヒ」になったポケモンは、「マヒ」になった次の自分のターンの後のポケモンチェックで回復します。「どく」などとは違い、コインを投げる必要はありません。

ベンチのポケモンと交代

「マヒ」の効果で「にげる」は使えませんが、トレーナーズカードなどの効果でベンチのポケモンと交代できれば回復できます。

進化・退化する

進化、退化ができれば「マヒ」は回復します。

対策

場に出しておくだけでバトルポケモンに対する特殊状態を防げる特性を持ったポケモンがいます。

他の特殊状態(状態異常)との組み合わせ

「マヒ」は「どく」「やけど」と重なります。「ねむり」と「こんらん」は、新たに受けた特殊状態に更新されて重なりません。

「マヒ」を使った戦い方

「どく」「やけど」と組み合わせる

「どく」と「やけど」は「マヒ」と重なるので、相手のポケモンを「マヒ」にして動きを封じ、「どく」や「やけど」の追加ダメージとワザのダメージで、相手に何もさせずにきぜつに追い込めます。

最後に

「マヒ」は持続はしないものの、相手のポケモンに与えられれば1ターン何もできなくなるので、他の特殊状態との組み合わせやサブの使い道など、いろいろな戦い方が考えられます。特殊状態メインのデッキを作るときに参考にしてみてください。

[itemlink post_id="644"]

-ルール情報, 初心者向け

© 2021 きりまのポケモン ポケカ速報