ルール情報 初心者向け

ポケカルール情報|特殊状態(状態異常)「ねむり」の効果や使い方をご紹介!

ポケカキッズ注目の人気商品!

今回はポケモンカードの基礎である特殊状態(状態異常)の中から「マヒ」の効果や回復方法、おすすめの戦い方をご紹介します。



効果

「ねむり」になったポケモンは、めじるしとしてカードを横向きに置き、自分の番にワザと「にげる」が使えなくなります。

回復方法

カードの効果

「ねむり」は特殊状態を回復するカードの効果で回復できます。

ポケモンチェック

「ねむり」になったポケモンの持ち主は、ポケモンチェックのたびにコインを投げて、オモテなら「ねむり」は回復、ウラなら「ねむり」は続きます。

ベンチのポケモンと交代

「ねむり」の効果で「にげる」は使えませんが、トレーナーズカードなどの効果でベンチのポケモンと交代できれば回復できます。

進化・退化する

進化、退化ができれば「ねむり」は回復します。

対策

場に出しておくだけでバトルポケモンに対する特殊状態を防げる特性を持ったポケモンがいます。

他の特殊状態(状態異常)との組み合わせ

「ねむり」は「どく」「やけど」と重なります。「マヒ」と「こんらん」は、新たに受けた特殊状態に更新されて重なりません。

「ねむり」を使った戦い方

「どく」「やけど」と組み合わせる

「どく」と「やけど」は「ねむり」と重なるので、相手のポケモンを「ねむり」にして動きを封じ、「どく」や「やけど」の追加ダメージとワザのダメージで、相手に何もさせずにきぜつに追い込めます。

特性のデメリットによる「ねむり」

特性「ねがいぼし」
このポケモンがバトル場にいるなら、自分の番に1回使える。自分の山札を上から5枚見る。その中にあるトレーナーズを1枚、相手に見せてから、手札に加える。残りのカードは山札にもどして切る。その後、このポケモンをねむりにする。

トレーナーズをサーチして手札に加えるかわりに「ねむり」になる特性です。バトル開始時に出せれば、有利に戦えるかもしれません。

「ねむり」から回復する確立を下げる

おたがいのプレイヤーがねむりで投げるコインは2回になり、すべてオモテが出ないと回復しない。
じゅくすいはどう
(無エネルギー×1)
 
相手のバトルポケモンをねむりにする。このねむりで投げるコインは2回になり、すべてオモテが出ないと回復しない。

ヒプノブラスト
(超エネルギー ×1/ 無エネルギー×1)  
ダメージ:10+

相手のバトルポケモンがねむりなら、120ダメージ追加。

ポケモンチェックで2回ともコインをオモテにしないと回復できなくなれば、相手のワザのダメージを受けずに最後まで相手のポケモンを何もさせずにきぜつに追い込めるかもしれません。

最後に

「ねむり」は「マヒ」と同じく、相手の動きを大きく妨げる特殊状態で、なおかつポケモンチェックでコインをオモテにしないと回復できないため、使い勝手がいく他の特殊状態との組み合わせによっては化けるかもしれません。

ポケカルール情報|特殊状態(状態異常)と回復の方法、有利な戦い方もご紹介!

ポケモンカードには、ポケモンのゲームソフトでも存在する状態異常と同じような「特殊状態」が存在します。今回は特殊状態になったポケモンに与える影響と回復の方法をご紹介します。 どくやけどこんらんマヒねむり ...

続きを見る

 

-ルール情報, 初心者向け

© 2021 きりまのポケモン ポケカ速報