ルール情報 初心者向け

ポケカルール情報|レギュレーションルールを解説!スタン落ちってなに?

今回はポケモンカードを楽しむなら覚えておきたい「レギュレーション」について解説していきます。今使っているポケモンやトレーナーズがどのレギュレーションに該当するか見てみましょう。



レギュレーションとは

レギュレーションはもともと英単語の「regulation」からきており、 「規則、規定、規制」という意味で、遊戯王やマジック:ザ・ギャザリング、ヴァンガードなど、他のカードでもレギュレーションが設けられています。

ポケカも不定期にレギュレーションが更新されていますが、ポケカの場合は他のカードゲームとはレギュレーションの設定方法が特殊で、特定のシリーズから最新のシリーズまで区切られています。

レギュレーションの確認方法

どのレギュレーションに該当するカードかは、左下の「レギュレーションマーク(上記カードでは「B」)」と、「エキスパンションマーク(上記カードでは「SM12a」)」で確認できます。「レギュレーションマーク」は、「サン&ムーン」シリーズ以降のカードのみに表示されている、レギュレーション管理用マークで、
「エキスパンションマーク」は、どのシリーズに収録されていたか表示しています。。

スタンダードレギュレーション

「B / C / D」は使用OK!「A / 記載なし」はNG!

スタンダードレギュレーションは多くの公式大会で使用されているもので、レギュレーションマークに「B / C / D」のどれかが書かれたカードは使用でき、「A」が書かれたカードか、レギュレーションマークが書かれていないカードは基本的に使用できず「スタン落ち」と呼ばれています。最新のカードであれば基本的に「D」なので、最近初めた方でパックや構築済みデッキを購入しているのであれば、スタンダードレギュレーションに該当しないカードをもつことはないと思いますが、カードショップなどで特定のカードを単品で購入したことがある方はチェックが必要です。

過去シリーズで使用できるカード

上画像の「ふしぎなアメ」や「ポケモンだいすきクラブ」はレギュレーションマークが「A」だったり記載がないもので、若干効果の書き方が違いますが、現在スタンダードレギュレーション収録されているカードと同じように使用できます。また効果が変更されており、変更前のカードを使用した場合は、更新後の効果のカードとして扱うので注意してください。

エクストラレギュレーション

「BWシリーズ」以降が使用可能!

スタンダードレギュレーションで使用できるカードに加えて、「ポケモンカードゲームBW」シリーズのカードまで使用できるレギュレーションで、一部公式大会で指定されている場合があります。

BWシリーズ以降収録でも使用不可なカードが

上の画像以外でも使用できないカードが複数あるので、詳しくはポケカ公式サイトでチェックしてみてください。

過去のカードで使用できるカード

スタンダードレギュレーションと同じように、以前収録されていて使用できるカードが複数存在するので、エクストラレギュレーションを使用するタイミングがあれば、こちらもチェックが必要です。

殿堂レギュレーション

「DPシリーズ」以降が使用可能!

「ポケモンカードゲームDP」シリーズから、最新のシリーズまでが使用できるレギュレーションです。エクストラレギュレーションよりも使用できるカードが多くなった分、たくさんの戦略が練られ幅広いバトルスタイルが可能です。

強力なカードを制限する殿堂ポイント

殿堂レギュレーションで使用するデッキには、強力なカードに設定されている「殿堂ポイント」の合計を4ポイント以下にしなければいけないルールがあります。殿堂ポイントは、★の数であらわされ、★1~4まであります。それ以上に強力とみなされているカードは、「禁止カード」としてデッキに入れること自体が禁止にされています。上の画像以外にも殿堂ポイントがあるカードや禁止カードがあるので、詳しくはポケカ公式サイトで確認してみてください。

最後に

友達同士でバトルをするときでもレギュレーションは統一しましょう。ちなみに私の周りでは大会でも使用される頻度が多いこともあって、スタンダードレギュレーションでデッキを組んでいる方が多いです。大会や友達同士のバトルで反則にならないよう、今一度自身のデッキに入っているカードを確認してみてください。

[itemlink post_id="510"]

-ルール情報, 初心者向け

© 2021 きりまのポケモン ポケカ速報